« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/29

工房展

Koubouten2006a_1

今日から工房展スタートです。天気予報ではもう少し気温が上がると思っていたのですが、大分肌寒い一日でした。でもまずまずの天気。
自分でとても気に入っていた神代ニレの額を早速お買いあげいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

ニリンソウ

 10日ほど前からアズマイチゲが咲き始めている。季節が進んで、ニリンソウが咲き出した。エイザンスミレは踏み石の間が好みなのか。A
A_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

知事の車座集会

 富士見町で田中知事の車座集会が行われたので、行ってきました。マスコミでは議会との対立との構図で、マイナス面ばかりが報道されるけれど、脱ダム、森林整備、先端医療偏重の病院経営から広く住民に手厚い医療へ、大量生産大量廃棄のゴミ処理行政からゴミ排出抑制の行政(条例は議会や市町村長会の反発で成立しないけれど)へと、その実績はやんちゃ坊主の行動はどうかと思う我々も評価せざるをえないと思う。
 質疑応答の中で、富士見に建設予定のゴミ処理施設の灰溶融炉の話があった。過去のゴミ焼却灰とこれから出る焼却灰を高温で溶かして無害化するというものだけれど、施設建設はゴミ行政全体のありかたを考えずに国の施策に追随するだけの地域行政のように思われる。ゴミプラントは昨今国が推し進めるはやりの公共事業なのだ。ゴミ問題は我々にもっとも身近で、生活様式の矛盾がもっとも端的に出てきたものだと思う。住民と行政が一緒になって対応を考えなければ解決できないと思う。
 このゴミ問題を考えるホームページ(http://yoyuro.blogspot.com/)がある(ので、諏訪圏の方は訪れてみるとよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

境内アートin小布施

Obuse1
 長野の小布施にある玄照寺で行われた「境内アート」に出展してきました。曹洞宗のお寺で半世紀行われてきた苗市を新しい視点で組み立ててゆこうという意欲的な催しです。各地のクラフトフェアが規模が大きくなるにつれ、魅力に欠けるように思えてくる中で、「境内アート」の催しは、個性豊かなとても楽しいものでした。何よりもスタッフの方々の熱い(篤い)思いが伝わってきて、自然に手を合わせる気持ちになりました。一晩宿を提供頂いたことも、ひとときではありますが、いろんな方と知り合いになれ、各地方の風潮など伺えて良い経験でもありました。

 Obuse4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

キノコ菌打ち

Sonminmori
 原村の村民の森の行事でキノコのホダ木作りだ。昨秋間伐したカラマツにクリタケの種菌を植えた。
昨日、おとといの冬の陽気とうってかわって穏やかな日和に、沢山の参加者でにぎやかだった。
収穫は来年の秋。時の経過を楽しみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »