« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/17

木の文化と環境フォーラム

 木の文化と環境フォーラムの研究発表会を聴講してきました。研究発表会というより、セミナーといったほうが良い内容です。木材の乾燥と変形について、目新しい情報ではありませんが、とても役に立つデータがあったので、記しておきます。

Photo

 木材の平衡含水率というのは、特定の温度と湿度の環境に長時間木材を放置すると、一定の含水率になりますが、その含水率を言います。左の表は温湿環境と平衡含水率の関係を示すものです。横軸の温度と縦軸の湿度の交わる所の線に記された数字が平衡含水率です。いろいろなサイトにもっと見やすい表がありますので、探してみてください。

屋内の年間通した含水率は7%~14%の変化にもなることになります。

 

もう一つ、木材の収縮率のデータがあります。収縮率は板目方向、柾目方向、長さ方向と板の方向によって異なり、また、樹種によっても異なります。

 一般的に、板目方向は柾目の倍伸縮し、長さ方向は柾目方向の10分の1の伸縮量です。カラマツでは板目材が含水率1%変化すると、0.31%伸縮します。10cm幅の壁板では、夏と冬で含水率が7%変化すると、2mm以上伸び縮みすることになります。いろいろな所で板の寸法変化があることを計算した上での設計が大切ですね。また、場合によっては使ってもらう方の事前の了解が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/11

雪の回廊

Snow 降った雪がたっぷり残っているうちにまた雪といった具合で、もう雪かきも必要最低限です。まるで雪国のように家の前は雪の回廊状態。そろそろ雪も終わりにして欲しいものです。

Zoomline
 明日もまた雪らしいので、表通りのズームラインの駐車場に車を移動しておこうと、雪かきに出ました。

道路際の雪をかいていると、”ベチャ”と日に融けた雪を飛ばしてゆく車が続く。速度を落としてくれたり、道をよけて走ってくれる車は5台に一台ぐらい。ひどい車は猛スピードで作業の脇を水しぶきをあげて走り抜けてゆく。そんな車は大きくて立派な車が多いと思うのは気のせいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/08

つらら

Turara 真冬日の日々が続いていますが、日射しは日一日と強くなっていくような気がします。屋根から落ちない雪が少しずつ融けて、成長するつららの光がまぶしい朝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »