« 立春 | トップページ | 座編み »

2009/02/15

座編みスツール

Stacking_stool 手元にある各種の素材を使って、スツールを作りました。
下から、ワラジに使われる紙紐で編んだスツール。2番目はアメリカ製のペーパーコード、3番目が北欧製のペーパーコード、一番上はイグサを6~7本づつ撚り合わせたもの。

草履用紙紐は耐水性もあって、毛羽立ちも少ないのですが、撚りがあまいのが少々気になるかもしれません。自分としては、撚りのあまさは、一方では、見た目も尻の当たり具合も柔らかい感じに仕上がるので好みではあります。
アメリカ製のものは試しに作ってみましたが、毛羽立ちがひどいので、あまり使う気になれません。
3番目のスツールの北欧製のものはYチェアに使われているもので、3mmと細めですが、編みやすく、出来映えもスマートです。ここでは網代編みで編んであります。価格もそれなりに良い値段ではありますが。

一番上のスツールのように、イグサを手で撚って編むと、工業製品のロープを使うのとは違って、手作り感が出て良いのですが、手で撚りながら短いイグサを繋いでいくので、作業はたいへんです。

|

« 立春 | トップページ | 座編み »

家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/44075693

この記事へのトラックバック一覧です: 座編みスツール:

« 立春 | トップページ | 座編み »