« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/29

塗料評価

  植物油を塗料として使った場合の乾燥時間を改めて確認したいと思い、テストしてみました。エゴマ油のヨウ素価(乾燥しやすいかどうかの目安になる)が200程度とオイル塗料のベースに使われる亜麻仁油(リンシードオイル)よりも高く、最近食用油として身近に小瓶で販売されているので、お客様のメンテナンスも含めて、食器などの塗装にもっとも安心して使えるのではないかと思ったからです。クルミ油やグレープシードオイルも乾性油で、使ってはみましたが、ヨウ素価は150ぐらいで、乾燥には随分時間がかかります。

Photo  テストは板ガラスの上を、布に浸みこませた油を、さっと拭くように塗ります。あとは定期的に指でなでてみて、どの程度乾いているかをチェックします。
 試験したのは、深山工房でよく使っているリグナF、AFM社のペネトレーティングオイル、食用油のエゴマ油、フライパンでボイルしたエゴマ油、市販塗料で100%エゴマ油というオイル(随分前に知人からいただいたもの)です。
リグナFとAFM社の塗料は乾燥時間はオーバーナイトという触れ込みですので、半日で乾燥しました。エゴマ油の塗料は2日ほどで乾燥しました。自分でボイルしたエゴマ油は3日、食用のエゴマ油は6日かかりました。もちろん、温度、湿度などの環境によって変わるはずですが。
 深山工房では、耐水性を要求されるものや食に関わる道具には玄々化学の「bio」を使ってきましたが、お客様でのメンテナンスのし易さや木の種類によって変わる製品の質感を高めるなどの要素を考慮してエゴマ油などを使い分けようかと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/25

ふくろう

Fukuro 今朝、久々にふくろうにお目にかかりました。首をあっちに向けたり、こっちに向けたり。獲物が見つからなかったのでしょう。木々の間を飛び去りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/14

雪、樹氷?

Kinohana_2  一面の雪景色になったと思っていたものが、日が射すと伴に忽ち地肌が現れ、木の枝を覆っていた雪もバサバサと落ち始めました。そのうち残った樹氷のような状態になったものが枝に花を咲かせたようになって、一瞬の華やかな眺めを見せてくれました。この景色もたちまちのうちに消えてしまいましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/10

伐採

Basai0  切らずに残しておいた母屋のそばのハンノキが、大きくなったヤマザクラと干渉してきたので、伐採することにしました。材料として使うには秋から冬に伐採するのが良いのですが、薪小屋の薪が少なくなるのを待っていたため、木が水を吸い上げる時期になってしまいました。邪魔になる薪と薪小屋を片づけ、隣地の林に倒させてもらいました。

太いところは板になります。

Basai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/07

おきあがりこぼし

1s 試作の時計です。半割にしたサクラの丸太がきれいだったので旋盤で挽いてみました。
「小法師」と名付けようと思います。球形ですが、「おきあがりこぼし」になっています。大きなテーブルの上に置いておくと、何ともいとおしく感じます。
まだ白木ですが、オイル塗装をすると、また違った顔になることでしょう。どちらがいいかって?ムーーン...
部屋に置いておいたら変形して合わせ目が随分透いてきました。そのうち合わせ目を挽きなおします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/03

座編み椅子

 このところ新規の座編みの椅子に取り組んでいます。今回は昔作った椅子の焼き直しをしました。背板を回転可能に取り付けて、背中の角度に馴染むようにしてみました。
座の部分も前後の枠と側面の枠の高さを変えたことで、紙紐の弾力が生きてきて、座り心地が抜群です。

Adaptchair_1s  肘掛けと背板は古樽材を利用しています。ウイスキーの樽のゆるいカーブがしっくりしました。脚はトネリコの枝を削り出しましたものです。
このデザインが気に入ったので、少し手直しして、製作工程を確認しながらもういちど作ってみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »