« 八ヶ岳自然文化園クラフト市(みのりの秋の市) | トップページ | シジュウカラ »

2010/10/19

のとじま手まつり

 能登半島の中程に位置するのとじま、初めての土地能登でのクラフトのイベントということで楽しみにしていた「のとじま手まつり」に行ってきました。前日早朝原村を発ち、今は通行無料になっている安房トンネルを通って能登に向かいました。車は富山までは快適にとばしたものの、市内に入って少々ストレスのたまる状況でしたが、能登半島160号線に入ると、海を見ながらののんびりした道を楽しみながら目的地のとじまに向かいました。
会場のweランドは穏やかな湾の中にあって、釣りやカヤックのメッカのようです。キャンプサイトは海に面した一等地にありました。

Craft015

手まつり当日のキャンプサイトの夜明けは、きれいなご来光です。このあと、数頭のイルカが目の前を横切って行き、ちょっと興奮したものです。

Tematuri

海辺のイベントとあって、やわいテントが強風にやられないかと心配でしたが、会場は二日とも穏やかな日和でほっとしました。会場から出ると結構風が吹いていましたけれど。
会場は出展者80名ほどのゆったりとしたレイアウトで、スタッフの皆さんも若い方達でしたが、お客様も若い家族づれの方が多く、独特の開放的な雰囲気があるという気がしました。

Kotaglass

 今回、気になった作家さんの一人、有永浩太さんのガラスの器です。のとじまに移り住んで、まだ間もないようです。

Kawachi

 土岐の陶芸家河内さんの陶器です。木灰など自然素材の釉薬を使われているとのことで、予期せぬ色が出たりが悩みでもあり、楽しみでもあるのでしょう。

|

« 八ヶ岳自然文化園クラフト市(みのりの秋の市) | トップページ | シジュウカラ »

家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/49790883

この記事へのトラックバック一覧です: のとじま手まつり:

« 八ヶ岳自然文化園クラフト市(みのりの秋の市) | トップページ | シジュウカラ »