« リフォーム | トップページ | 薪割り »

2011/06/09

木の話し トチ

Tmp221

 木の仕事を始めて間もない頃、一枚板のテーブル材を探して銘木店に行ったとき、厚さ15cm、幅長さ2mほどの板が積まれていました。トチノキだということでした。トチノキというと縞杢の板が工芸品にしばしば使われるように、表情の少ない白い生地には杢による表情の変化が貴重ですが、この木にはそんな変化はありませんでしたが、その重量感には圧倒されました。大きなホールにこんなテーブルがどんと据えられていたら、圧巻だろうなという思いでした。幸か不幸かそのような木を扱う能力も需要もなかったので、拝んでだけきました。
 それ以降、材としてのトチノキを使う機会はあまり無いのですが、観光地でトチ餅をいただいたり、大きなトチの実を拾ったり、掌状複葉の面白い形の葉を見たりと、何かと興味深い樹です。知り合いにトチの実をもらって、林に埋めたのが50cm程になったりしましたが、日の光が足りないせいか、枯れてしまいました。今度は群馬県の上野村で拾ってきた実をもう少し日当たりの良い場所に埋めてみました。やっと50cm程になりました。今度は大きく育ちそうな気がします。

|

« リフォーム | トップページ | 薪割り »

木の話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/51895240

この記事へのトラックバック一覧です: 木の話し トチ:

« リフォーム | トップページ | 薪割り »