« ケヤキテーブル | トップページ | だいこんぼし »

2011/11/30

伐倒

 林の仕事が気持ちよい季節でもあり、注文の仕事が一段落したので、薪づくりを兼ねた林の整理を始めました。
 今年は大分枯れ木が倒れて、薪の材料には事欠かないのですが、生きた樹も少しづつ間伐していきたいので、長年の懸案だった異形の「しぼつ」の樹を倒すことにしました。この辺りでは、タモやトネリコのことを「しぼつ」と呼ぶようです。工房の前の林にあって、何本かの樹が重なり合ったうちの一本で、いじけた形に成長したものです。不安定な形をしていて、一部枯れてもいて、いつか倒したいと思っていたのです。
 重心は倒したい方角に傾いていて、コントロールはしやすいものの、一部枯れていて、全体の形のバランスが悪く、伐倒するのは少々覚悟がいります。根本の径は50cmほどです。そんなことで、ずっと思案していたのですが、思い切って倒すことにしました。
 受け口を切り、追い口を切っていき、「つる」がまだ大分残っているうちにミシッという音がしたので、即退避です。しばらく待っても倒れる様子がないので、もう少し切り込みを入れると、またミシッ。しばらく様子を見ていると、バリバリと大きな音を立て倒れました。芯が腐り始めていて、重心が偏っていたため、大分裂けてしまいました。倒れた状態は、このていたらくです。

Bassai

 
 見ての通り、端が高くなり、他の樹に寄りかかった状態になってしまい、さてどうしたものか?

|

« ケヤキテーブル | トップページ | だいこんぼし »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/53372926

この記事へのトラックバック一覧です: 伐倒:

« ケヤキテーブル | トップページ | だいこんぼし »