« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/22

生木でスツール3

Photo

 先日作った削り馬を使って、スツールの脚を皆で削ってみた。ちょっと太めに割った材はナタで削いで、おおまかな形に整形してから削り馬にセットして、銑で削る。手作業は何人もでやっても楽しい。
削り馬はコンパクトに畳める一方、思いの外しっかりしていて、作業性がよい。削る物によって材料の台や押さえを工夫すると良いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/21

金環日食

 マスコミでも金環日食の話題が随分報道されていますが、今朝の原村は快晴だったので、八ヶ岳自然文化園まで見に行ってきました。どこでも見られるわけですが、文化園では解説などもしてもらえるということで、サンドイッチ持参で出掛けました。7時過ぎ、もう駐車場は満杯に近く、望遠鏡やカメラを据えた人達が賑やかです。ピンホール現象で、新緑の木の葉を通して太陽の形が路面に写るということで、欠け始めた太陽が沢山投影されているのを撮影してきました。
太陽が輪になる瞬間へ向けて解説者がカウントダウン、場を盛りあげます。日食はもっと暗くなるものと思っていましたが、意外と明るいままなのですね。

Pinhole


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/15

生木でスツール2

 昨日の材料取りの後になってしまいましたが、今日は、丸太から割った木からスツールの脚などの部材を削り出すのに都合の良い削り馬(作業台)を作ることになりました。ツーバイフォー材をベースにポルトとネジで組み立てます。
一台作ってみて、寸法を確認して、残りを加工です。

Parts

 人数分の、削り馬の部材が出来上がりました。

Shavinghorse

 金具が入手出来ていなかったのですが、木の丸棒を仮に軸にして、仮組にこぎつけました。
 こんな感じで、銑や南京ガンナで生木を削り、椅子の脚や貫を作ります。丸太から、もっぱら人の手で物を作るという楽しみが始まっています。生の木は柔らかく、良く研いだ刃物で気持ちよく削れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

生木でスツール

 生木を手割りし、手道具で削って椅子を作っているKさんにサポートしていただいて、仲間でタモ(トネリコ?)の丸太を割ってスツールを作ろうという試みを始めました。今回はちょっとずるをして薪割り機も使っての作業でした。

Namakiwari_2
  脚と貫を寸法で取るべく、割り方のアドバイス。

Zai  とりあえず、割ってみましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/12

村民の森 自然観察会

 恒例になった「村民の森」での自然観察会に行ってきました。原村の「村民の森」は村民のグループが、身近にある村有林を、今ある生態系を乱すことなく、学習や散策の場として維持管理している林です。
今回も、霧ヶ峰で活動をしているスタッフの山川さんが説明を加えながら、小鳥の声を聞きながらの散策でした。

Tmp043

 写真は、小路で見つけた動物の落とし物。キツネのものらしいこの糞の中には動物の毛が見て取れ、分析することでどんな食生活をしているかも調べられるのだというような話しがありました。
 新緑の良い季節なので、林床には様々な植物が見られます。また、梢には、良い写真が撮れなくて残念でしたが、ウリハダカエデの目立たない黄色い花が、日の光を受けて、とてもきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/02

高原の工房市

 明日からのイベントに備えて、雨が降らないうちにと、作り直した看板をたててきました。低気圧が早く行ってしまって、天気に恵まれることを祈りながら。
皆様のお越しをお待ちしています。

Tmp016


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/01

皿立て

 杖突峠から高遠へ向かう途中、走っている車から「凡窯」の看板が目につきます。漆工房然の菅原さんの工房のの近くで、通りがかる毎に前から気になっていました。先日、お客様から、此処で作られたという大皿の皿立てを依頼されました。色は藍鼠とでもいいましょうか、落ち着いた色合いです。皿の中は力強くひきあげた手作業の感触が感じられる、とても魅力的な作品です。この皿を折に触れ眺め味わっていただくのに障りにならず、かつ安定した支えの台を作ったつもりです。木はお客様のご要望でナラの木を使いました。

Stand_s


Stand_s1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »