« 原村村民の森 草刈り | トップページ | 八ヶ岳自然文化園クラフト市 »

2012/06/22

ソープフィニッシュ

Hf269

Hf273

 深山工房の製作するほとんどの木工品の塗装はオイルフィニッシュで行っています。濡れ色になるので、ケヤキやウォールナットなどの濃い色の木は、より美しく見栄えのすることが多いのですが、木によっては、せっかくの白木の色合いがあせた感じになって、気持ち的には白木の方が良かったりします。ソープフィニシュは白木の色合いをそのままに、撥水性と汚れ防止を実現できるということで、今回市販の塗料を試してみました。
 左右の写真はナラの額ですが、左はソープフィニシュ、右はオイルフィニッシュで仕上げたものです。どちらが良いかは人それぞれかなという感じですね。白太の部分がオイルフィニッシュではコントラストが強調されるのに対して、ソープフィニッシュでは柔らかい感じになるので、白太を強調したくない、そんな場合には良さそうです。
 
 ハンノキも試してみました。ハンノキの場合は、オイルフィニッシュでは、白木の色からダイナミックに赤っぽく変わることがあるので、赤くなるのがいやな場合には良さそうです。今回、木の葉時計の文字盤をソープフィニッシュで仕上げましたが、明るい色に仕上げたかったので、もってこいでした。

Ca160

|

« 原村村民の森 草刈り | トップページ | 八ヶ岳自然文化園クラフト市 »

家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/55027038

この記事へのトラックバック一覧です: ソープフィニッシュ:

« 原村村民の森 草刈り | トップページ | 八ヶ岳自然文化園クラフト市 »