« スラットバックチェア | トップページ | スラットバックチェア 2 »

2013/06/23

木の乾燥

 林の中の工房では、木の乾燥は最大の難しい課題かもしれません。特に梅雨の時期は湿度80%以上の日も多く、せっかく乾燥した木も含水率が元に戻ってしまいます。
今日は、「ゆったり椅子」のスピンドルと笠木の組立。丸ホゾのスピンドルはしっかり乾燥しておきます。 バケツに那智黒石を入れて薪ストーブにかけました。平地では考えられないかもしれませんが、梅雨時の深山工房は、ストーブを焚いて丁度快適だったりします。ストーブの表面で100℃、石が40℃~80℃ぐらいに鉋屑をもやします。一日そんな具合に暖めていると、30mmの脚が暖めた部分だけ0.3mmぐらい縮みます。

やきいも?

乾燥させたスピンドルをホゾ穴にを入れて組み立てます。

ゆったり椅子、

今回は、アクセントにウォールナットのスピンドル2本を間に入れてみましたが、どうでしょうか。

|

« スラットバックチェア | トップページ | スラットバックチェア 2 »

家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/57649668

この記事へのトラックバック一覧です: 木の乾燥:

« スラットバックチェア | トップページ | スラットバックチェア 2 »