« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/31

生木で椅子ワークショップ

 丸太を割って椅子を作るワークショップの第三弾、ヤマザクラの丸太でスペイン、アンダルシア地方で作られていたという民芸椅子の製作を行った。例によって、Kさんの指導である。
 この椅子はゴッホの絵に描かれているゴッホが使っていたという椅子のようである。シェーカーの椅子の原型になった椅子とのことで、基本構造はシェーカーの椅子そのものだ。写真はKさん作のその椅子だけれど、今回は、基本構造の同じ子供椅子をテーマにした。

Dscn8019


 ヤマザクラの木を割って、部品のおおよその形にナタで削り、銑(ドローナイフ)で削る。素性の良いとはいえない木だったようで、木取った木はあまり形が良くないけれど、生木のサクラはサクサクと削れる。座枠や貫のホゾも穴に対して大きめの寸法の角ホゾに削る。寸法を確認する治具に収まる寸法に削るのは多少気を使う。

Dscn8002


 角ホゾだけれど、脚に開けるホゾ穴は丸穴だ。スコヤで角度を確かめながら、ハンドドリルで穴を開ける。

Dscn8010


前足どうし、後ろ脚どうしをまず組み立てる。

Dscn8013


 前足と後ろ脚をつなぐ座枠と貫のホゾ穴をあける。後ろ脚が前足より幅が狭いので、ホゾ穴も角度をつける必要があり、定規を睨みながらドリルを回す。

Dscn8014


ホゾ穴に対してホゾの長手方向が大きいので、予めホゾを少し打ち込んでおく。こうすることで、何本ものホゾを同時に組み込む助けになるのだ。

Dscn8016_2


 完成した子供椅子。イグサロープで座編みの予定だったが、時間切れ。またの機会になった。

Dscn8005


 全くの生木なので、これから乾燥が進み、どうなるか興味深い。とりあえず、自分の椅子には、小口に割れ止めのボンドを塗っておいた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/24

まるごと収穫祭中止

 深山工房としては、今年最後のクラフト関連イベントの予定だった八ヶ岳まるごと収穫祭でしたが、台風27号の影響を考慮して中止になりました。
 今回はシェービングホースを使って木を削る体験を予定していました。一輪挿しを削り出す体験をと思っていましたが、来年に持ち越しになりました。
最近、木で竹とんぼを作るのが面白くて、いくつか削りだして遊んでいますが、来年はこの製作体験にもチャレンジしてみたいと思っています。結構難しいようで、お手軽体験全盛の風潮のなかで、製作体験のテーマとしてはあまり見かけなくなりましたが。

P1010643



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/16

一輪挿しを削る

  来週末26、27日は八ヶ岳農場でまるごと収穫祭が行われます。収穫祭ではクラフト体験をやる予定になっているので、木を削って一輪挿しを作れるよう、準備を始めました。 体験は、ガラス管用に穴を開けた木のブロックを銑(ドローナイフ)で削って思い思いの形に成形します。材料はキハダかヤマザクラ。削りやすい木なので、思いのままに削れるでしょう。逆目が立つようだったら、南京鉋とサンドペーパーで仕上げます。 写真のように、シェービングホースに材料をセットして削ります。全体の形を見ながら、材料の姿勢を変えながら削っていると、いつしか思いの形になることでしょう。

 

  Dscn7987

こんな一輪挿しはどうでしょう。

Dscn7961s_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/14

実りの秋

 シバクリが落ちるのも終わり、ジコボウも盛りを過ぎ、毎日落ち葉が道を覆って、秋も深くなってきましたね。林も大分明るくなってきました。
 クルミの実もほとんど落ちてしまったのですが、これが最後と家の前のオニグルミの実を拾ってきました。足裏で踏み潰しながら外の皮をむいて、バケツで何回かジャブジャブ、バレル研磨の要領で汚れを落とします。この木のクルミが、他のオニグルミと違って、ちょっと細長く、小さめなのですが、実を取り出しやすいのです。
 実は、同じぐらいの量を数日前に拾って干しておいたのですが、リスかネズミでしょう、、そっくり持って行かれました。迂闊でした。

Dscn7972



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »