« 生木で椅子ワークショップ 座編み | トップページ | 異変か?ヒラタケ »

2013/11/16

エゾエノキ

 寒波の後、雨が降って、広葉樹の木の葉がほとんど落ちてしまい、深山の林はいよいよ冬の佇まいです。そんな中で、緑の葉が目立つ木があります。大きく立派な木が一つと、周りにいくつかの灌木サイズの木が点々としています。
Dscn8053

葉っぱをいくつかの樹木図鑑で調べてみると、どうやらエゾエノキらしいという結論に達しました。葉脈のパターンと鋸歯の形が決めてです。エノキかなとも思いましたが、エノキの鋸歯はやや丸っこく、先端側半分ほどしかギザギザになっていないそうです。
かつて、家の周りで2度ほど国蝶のオオムラサキを見かけたことがありますが、エノキにしてもエゾエノキにしてもオオムラサキの食草ですから、またお目にかかることがあるだろうと期待しています。

Dscn8059


 エノキの話ではなくなりますが、注文をいただいていた時計を仕上げました。クリの木です。 木目が変化に富んでいて、かといってうるさいほどではないので、入り皮の表情が木の大きさを感じさせて良い仕上がりではないかと思っています。針は黒いローズウッド(紫檀)でコントラストを強めにしましたが、ベースのクリの木は日焼けすると色が濃くなるので、将来とも針が見やすいように、また、暗い所でも見やすいように、白いコブシの木を象嵌しました。

Dscn8054


|

« 生木で椅子ワークショップ 座編み | トップページ | 異変か?ヒラタケ »

木の話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/58584583

この記事へのトラックバック一覧です: エゾエノキ:

« 生木で椅子ワークショップ 座編み | トップページ | 異変か?ヒラタケ »