« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の8件の記事

2014/04/27

高原の工房市

 今年初日の高原の工房市でした。

2014_6

陶器のうつわは人気です。2014_5
 青空に八ヶ岳が良い眺めです。オオヤマザクラは、もう少し先が見頃のようです。

Photo

七宝のアクセサリーは独特の質感がありますね。

2014_8_2

動物たちの粘土細工は楽しいですよ。

2014_7_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/26

梅が一輪

 原村ではサクラが満開、明日からの「高原の工房市」の準備の合間にお花見に行ってきました。お寺の池の水芭蕉も花がいっぱいでした。

Photo_2

深叢寺のコヒガンザクラ

行き帰りの道沿いのコブシも満開です。

Dscn8411

我が家でも梅が一輪開花し、華やかな季節です。

Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/24

わさび

 わさびの花がそろそろ開きそう。「高原の工房市」では一輪挿しに飾れそうです。

_s

 

茎が食べごろ、茎漬けを混ぜご飯にして、ごちそうさま。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/22

GW間近

 4月も後半になり、ゴールデンウイークも間近ですが、今週末から八ヶ岳農場で「高原の工房市」に出店予定です。 冬の間に作った時計と一輪挿しなど,、展示販売する予定のものの準備を始めました。

S

 ナラの垂撥とニセアカシアの一輪挿し


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/20

修理しよう

 何故か、物が故障するときは続けて故障することが多い。今回は薪割り機のタイヤのパンクだ。 タイヤは8インチのチューブレスで、まだ1年半だというのに劣化してひび割れが入り、空気が漏れてしまっている。何とか補修して使えないかと、あちこち相談に回ったあと、相談にのってくれたのがオギノタイヤさん。タイヤにチューブを入れてバルブを取り付け直してもらった。
 ものの流れが量販店や通信販売に傾くにつれ、使い捨て文化がはびこる中、古いものはちょっと修理なんてのが出来にくくなっている。そんな中でしっかりした技術を持って、こまめに対応してくれる職人さんは貴重な存在だ。
自分も家具や木工品の修理などでは、こまめに相談にのれればと思っている。

Dscn8365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/10

イチゲの開花

 我が家で本格的な春の訪れを告げるアズマイチゲが今日最初の花を開いた。(見つけた)

Ichige01_2

 

 霜の降りる朝だったが、陽の光を受けてすぐに大きく花を開いた。

Ichige02

 

 昼になってのんびりしていると、見慣れない鳥が樹の枝に止まって下をうかがっていた。ノスリだと思ったが、頭が白く、ちょっと違うような。

Taka



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/04

お盆

 なるべく軽く作って欲しいという依頼でお盆を作った。 板を刳り抜くか、枠を組んで作るか迷ったが、変形が少ないのを考慮して、組む構造にした。比重の軽いキハダの薄板を強度のあるケヤキで枠取りした。350mm角の大きさで重量650gとなった。
キハダは深山工房の敷地で育った木だけれど、同じキハダでも木ごとに色合いなど表情が違って興味深い。今回のキハダは白太がいやに黄色い。

  1_s



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/03

春の風物詩

 暖かくなってくると、自然に体の動きも活発になってくるし、家の周りの雪も大方融けて外作業が忙しくなる。

 大方融けたとはいうものの、屋根から落ちた雪が残っているのが邪魔になって来たので、ばらすことに。 Photo_3

 

 今晩から雨の予報なので、精米で溜まった籾殻を薫炭にすることにした。ついでに、(どちらがついでかは置いといて)味噌を仕込む為の麹作りを進める。米を蒸して麹菌をまぶして二~三日ほどで出来上がる。煙が梢の間を流れ、我が家の春の風物詩である。 Photo

 炭になった籾殻をばらして水をかけて火を消す。しっかり水をかけたつもりでも、塊になったところから、また火が出て来たりして、あわててまた水をかける。大した量ではないが、出来上がると畑のマルチとして活躍することになる。 Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »