« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の7件の記事

2014/07/27

巣立ち

 クロツグミの雛が何時の間にか大きくなっていて、一昨日あたりは巣から頭を出していたのです。時には羽ばたいて、そろそろ巣立ちの準備かなと思っていました。

Kuro1
 今日見ると、雛が2羽巣の外に出て樹の枝に留まっていました。雛は4、5羽いるようでしたが、そのうち一羽も見えなくなりました。全員巣立って行ったのでしょう。まだ餌はお母さんが面倒を見るのでしょうね。

Kuro2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/23

雛の誕生

 家のすぐ近くの木にクロツグミが巣を作って、卵を抱いているらしいとは知っていたが、クラフト市でバタバタしている間に雛が誕生したらしい。母さんクロツグミが盛んに餌を運び始めた。

Kurotugumihina
左側の枝の間に雛が嘴を大きく開いているのが見える。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/22

八ヶ岳クラフト市

 3日間の八ヶ岳クラフト市が終わった。沢山の方においでいただき、ありがとうございました。 初日は3時半頃から土砂降りとなり、あたふたしましたが、あとは大した雨もなく、最終日もかなり青空が広がり、良いイベントでした。昨年は日射しを避けて木陰にテントを張ったのですが、今年は明るい場所に陣取りましたが、気温もさほど高くなく、正解だったようです。

Photo_3

 昨年はほとんど花がなかったオオバボダイジュの木に沢山の花がついていました。周辺には、強い花の香を放っていました。今年は、秋にはシナノキの仲間特有の面白い実の造形が見られることでしょう。

Photo_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/17

小鳥

 食事をしていると、窓ガラスにトンという音がして、小鳥が落ちていた。左程の衝撃ではなかったが、大丈夫だろうかと見ていると、しばらくはじっとしていた。意識はしっかりしている様子だ。ミソサザイだろうと思ったが、、、ちょっと違うなと思って、図鑑をめくっていると、どうやらルリビタキの幼鳥ではないかと思える。そういえば、前にもルリビタキの雄が窓ガラスに激突したことがある。幼鳥は、そのうちテーブルの端に移り、まだしばらくじっとしていたが、いつとはなく飛び去った。
大きな窓には、なるべくカーテンをするようにしているのですが、、、

Photo


小鳥といえば、しばらく前までサンコウチョウのホイホイホイという鳴き声をさんざん聞いていたのですが、その姿は一度も見ることが出来ず、残念。

 八ヶ岳クラフト市の出店準備に忙しい今日明日ですが、メインの展示品の一つが木の時計。今回、新規の時計はキハダの丸太を刳りだしたもの。八ヶ岳自然文化園で御覧いただければと思います。

Cb183

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/12

八ヶ岳クラフト市間近2

 超大型の台風ということだった台風8号は、ここではさしたる影響もなく過ぎ去りました。今は夏空が広がっています。このまま梅雨が開けてくれると良いのですが。

 来週のクラフト市に向けて出品物の仕上げが続いています。写真は、小さな机と座編みの椅子です。

Desk2014a1_s_2
机はケヤキの一枚板が綺麗だったので、木にいろいろ欠点があったものの、蝶のチギリなどで継ぎ接ぎして仕上げました。天板の反り止めの桟には浅い吊り抽斗を付けました。脚はサクラを使いましたが、分解再組み立てが簡単に出来るように、蟻組と金具で天板に固定するようにしました。今は高さ70cmですが、使い勝手に合わせて脚を短くすると良いでしょう。

Desk2014a2_s
 椅子はシェーカーもどきですが、座を紙紐で編んだものと、布テープで編んだものを作ってみました。背板は腰の低い所(坐骨上部)に当たる位置に低くしてあります。飾り気がありませんが、食卓などで使うには落ち着いてシックリして好きな椅子です。材はオーク(樫と樽の古材)なので、見かけの割には重く感じますが。

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/08

八ヶ岳クラフト市間近

 大型の台風が来ているということですが、今日は久しぶりに青空が広がって、そんな気象の変化が感じられない一日でした。19日からの八ヶ岳クラフト市まで2週間を切りましたが、出展に向けて展示品を幾つか製作を急いでいます。

 展示品の一つセンターテーブルの2度めの塗装を済ませました。

Craft2014_1s
ベンチのつもりで作りましたが、センターテーブルという感じかな。高さ430mm。
下は塗装後乾燥中の脚ユニット。

Tablebench

 今年の梅雨は深山工房周辺では随分気温が低く、梅雨明けが待たれるのですが、畑の作物は順調に育っているようです。ありがたいことです。待望のトマトが少し色づき始めました。

Yasai0707

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/06

オオムラサキセンター

 梅雨の鬱陶しい天気が続いている中で、今日は少し良さそうなので、ちょっと出かけようということになった。北杜市のオオムラサキセンターでは、国蝶オオムラサキの羽化の季節には、実際の羽化の瞬間が見れ、感動すると聞いていたので、見に行ってきた。7月初めはまさにその季節なのです。

観察用に作られた施設では、蝶になったオオムラサキや他の蝶が飛び回っていた。


P1020204

 蛹になる前の幼虫。食草のエノキの葉を食べて成長している。

P1020203

蛹のオオムラサキ。エノキの葉にまぎれている。

P1020205

羽化近くなると白っぽくなってくる。

P1020199

羽化直後で、羽を伸ばしている。

P1020202

メロンの汁が好きなようで、何匹も集っている。紫の強いのが雄。

 ネットなどで囲ってある施設だけれど、普段簡単には見つけられない蝶の生態を観察すると、身の回りの林の中での虫を見る目も変わってくる気がする。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »