« 虫食いでも美しい | トップページ | 「組み木木工」の準備 »

2014/10/21

のとじま手まつり

 はるばると能登島へ。
天気に恵まれた最高の出展ツアーでした。
前日、朝早く原村を出発。七尾近くに昼前に着き、2時からの設営とあって、まだ時間に余裕があるので、少し散策を楽しめる所ということで、七尾城跡に寄ってきました。七尾の畠山氏が築いた戦国の山城です。日本五大山城に数えられるという強固な城だったそうです。山の上の七尾湾を見下ろす山城跡だというので、少し歩くつもりでしたが、立派な石垣と点在する曲輪を繋ぐ道に導かれて1時間ほど城を巡ってくる結果となりました。カメラを持たなかったので残念でした。

 イベント当日の18,19日も前日に引き続いて青空。空の青さを映す海を眺め、ゆったりした空間でのフェアーはいつもながら最高のロケーションです。

Photo
 フェアーでは、今回は、メインの時計と椅子・ベンチを展示しましたが、初めての試みとして、木の匙を削る体験をしてみました。

Photo_2

 木の匙を削るのは、結構時間がかかって、なかなか難しい作業なので、どうだろうかと思っていたのですが、思いの外楽しんでいただいて、こちらも楽しい時間を過ごさせてもらいました。

Photo_3

Photo_4

シェービングホースに材料を押さえやすい治具を取り付けて、幾つかの刃物で削っていきます。ぎこちなかった手つきも、繰り返すうちに気持ちよさそうに動くのがわかります。

深めの窪みが欲しいと作った硬いケヤキの匙は、小さいこともあって、大分手ごわかったようです。

Photo_5

 ベンチや時計を見てくださるお客様も、じっくり見てくださる方が多く、充実した2日間でした。山国から来た我々としては、海の幸たっぷりの食事も楽しめて、言うことなしでした。スタッフの方々もしっかりした準備と、厚いもてなしをして頂いて、感謝でいっぱいです。来年もよろしくお願いします。


|

« 虫食いでも美しい | トップページ | 「組み木木工」の準備 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

その節は大変楽しませていただきました!
キハダのカレースプーン、持ち帰ってちょっとだけ形を修正し、1000番で磨きをかけ、ツルツルになりました‼︎
そこで、柄の部分に焼き印を入れてから、やはりニスか何かでまわりをコーティングしたいと思うのですが、コーティングには何が向いていますか?市販のにすだと臭いが心配で、他に何か良いモノがあれば教えていただきたいです。

投稿: 太田 | 2014/10/24 21:48

舌触りが随分良くなったことでしょうね。
深山工房では、箸や食器類は塗装にエゴマ油を使っています。食用の油でも一週間ぐらい、塗装用にボイルした製品だと2~3日ぐらいで乾燥します。刷毛や綿布で塗りこんで、テカらないように良く拭き取ります。乾くまで風通しの良い所に放置します。
クルミ油、オリーブオイル、菜種油などは乾燥に時間がかかったり、乾燥しなかったりしますが、油は木に沁みこむので、多少手に油が移るのが気にならなければ良いと思います。実際良く使われているようです。

投稿: 深山工房 | 2014/10/25 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/60521110

この記事へのトラックバック一覧です: のとじま手まつり:

« 虫食いでも美しい | トップページ | 「組み木木工」の準備 »