« 柿の木の色 | トップページ | 八ヶ岳クラフト市とスツール1 »

2015/06/19

木楽会6月

 今日は、いろいろの段階からのスタートでした
ホゾの加工を終えて、脚の仮組みまでしてきた人、これからホゾの加工をする方などなど。いろいろアドバイスをくれるKさんは、貫無しで完成したスツールを披露。

Stool1

 

 脚のホゾ加工が今回のメインテーマです。角から丸へと加工を進めます。写真は八角の加工。

Hozo1

ホゾ穴にシックリ入るように調整です。
Hozo2

ヤスリで調整も。
Hozo3

クサビを削って、
Kusabi

クサビを打つ溝も鋸で加工し、クサビを打って、早々と組み立て。
Kumitate

こちらは、貫をつけるので、仮組みして貫の長さを確認。
Stool2

ホゾ穴の方向も仮組みの状態で貫が鉛直になる状態にセットしてドリルで加工しました。

今日はこれまで。

|

« 柿の木の色 | トップページ | 八ヶ岳クラフト市とスツール1 »

家具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/61770552

この記事へのトラックバック一覧です: 木楽会6月:

« 柿の木の色 | トップページ | 八ヶ岳クラフト市とスツール1 »