« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の4件の記事

2015/12/31

大晦日

 今年も一年が終わろうとしています。あいも変わらず今年も沢山の方にお世話になり、大きなトラブルもなく歳を越せそうです。感謝です。
 思えば、昨年末は給湯器が故障し、急遽設備屋さんに見てもらい、バタバタした年末年始でした。住まいもそろそろ20年経ち、あちこちガタがきているようです。
自作の浴槽も漆を塗った内側はしっかりしていたものの、隠れて通風の良くないところが腐ってきたので、水漏れしないうちにと、新規製作していたのが、やっと出来上がりました。どうにか今日年内に設置することが出来ました。

今回はちょっと小さめにして、空気の流れを良くすべく、壁との間に隙間をあけるようにしました。自分がここで生活している間は、もう作りなおす必要はないでしょう。

Bath


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/24

暖冬の年の瀬

 今年も残す所数日となりましたが、この冬の暖冬予報が告知するように、原村でも暖かい日が続いています。去年の今頃は雪に覆われていた我が家の周辺もいやに緑の草が目につきます。なんとタンポポの花まで咲く始末です。畑に寄ったらこんなものも出来ていました。

Fuki_2



 手を付けながら、のびのびになっていた我が家の浴槽がやっと形になろうとしています。20年近く使って来たサワラの浴槽が、一部腐って来たので、使えなくなる前に新規製作することにしたのです。痛んでいる箇所を見ると、空気の流れの淀むところが痛んでいて、風が通ることの大切さを改めて認識させられます。
 新規に作る浴槽、今回の材はカラマツです。建具屋さんから譲ってもらった柾目の板が残っていたので、使いました。写真は底板を接着しているところです。年内には設置したいところですが、さて、、、

Furo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/06

テーブル改造のサポート

 片側半円のテーブルを、四角に、コンパクトに改造したいというご希望があり、ご自分で木工作業をされるということになり、それを手伝うことになった。ナラの集成材の天板を切断し、金属製の脚を外し、角材の4つ脚に作りなおすものである。

 まずは天板の丸鋸での切断とカンナがけ、トリマーでの面取りで、こんな結果に。

Dscn9606_2


4つ脚は幕板を組んで、天板に駒止めをすることにし、脚と幕板は小根付き二段ほぞで接合することに。まずは、脚のほぞ穴加工からだ。

Dscn9607


幕板のほぞは墨付けをして、バンドソーで加工。

Dscn9609

Dscn9610


ほぞとほぞ穴の調整をして、仮組み。
天板とは駒止めをするので、幕板に駒止め用のほぞ穴加工もしておきます。

Dscn9611


仮組みをしてみて、座った感じ、やはり、幕板の下を曲線にすることに。再びバンドソーで曲線を切り、鉋で仕上げた。やっと本組に。

Dscn9614


脚全体を組んで、脚と幕板の目違いを鉋で払う。

Dscn9615


裏返した天板の上に脚を載せ、駒止めのネジを打って完成。

Dscn9618

Dscn9619

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/02

かんじき作り

 先週、原村の生涯学習専門部会の村民の森のイベントでかんじき作りをしてきた。 林の木に絡み付いている「クマヤナギ」を切って、蒸して、曲げて作る。フジやクマヤナギは木に絡み付いて枯らしてしまうので、木を育てるためにはやっかいものである。クマヤナギを切って、道具を作ることで、一石二鳥ということになる。

かんじきは長さ60cmのクマヤナギ4本を半円形に曲げ、2本を組み合わせて、間に爪を挟み込んで針金で固定する。
当日は片足分だけしか出来上がらなかったので、もう一方が宿題になっていたものを今日組み立てた。

Dscn9600

現地で作った物は、もう一つ満足がいかないので、再度組み直すつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »