« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の4件の記事

2016/07/19

八ヶ岳クラフト市

梅雨が明けず、天気が心配でしたが、二日目にパラパラ降る程度のありがたいイベントでした。
 テントの場所を決めて、設営の時、随分強い花の香りがしていたのですが、そこは、満開のオオバボダイジュの樹の下でした。この木に、こんなにたくさんの花が咲いたのを見るのは初めてでした。

Bodaiju
 ボダイジュは枝を張って大きな日陰を作って、人が休める場所を作ってくれるのですが、そのとおり、3日めの天気が良かった時は強い日差しを遮ってくれてありがたい場所でした。反面、蜜を求めて虫が飛び交い、蜜を含んだ花が散り始め、テントの上はベタベタして、後のメンテナンスが必要な始末です。秋には、葉のような形の苞の中から伸びた柄の先に実がついて面白い造形を作ります。

 今回の展示の様子です。
木の時計をバックに、テーブルと椅子を据えました。木の時計は、とても喜んでもらえているようです。

Craft2016_1

この後ろで、シェービングホースを据えて、椅子の脚材や靴べらを削っていました。お客様との話の種にはもってこいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/15

クラフト市設営

 明日からのクラフト市に向けて、会場への設営に行ってきました。
 自然文化園のピクニック広場の区画割されたスペースに早い者勝ちの場所取りです。思い思いの好みの場所にテントを設営、深山工房は、会場の一番奥に場所を確保しました。

Layout

 写真は設営中の出展者のマップで、まだ、半分ほどしか埋まっていませんが、写真の左下が深山工房の場所です。人の流れからは外れるのですが、ゆっくりお客さんと話ができるし、日差しも割りと防げるのです。
 シンボルツリーのような菩提樹の木の下です。今年は、今花が満開です。

Location



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/12

もうすぐ八ヶ岳クラフト市

 なかなか梅雨が明けそうではありませんが、今週末は八ヶ岳自然文化園でのクラフト市に出展です。そんな中、先週は、sonyのvaioが昇天し、スッタモンダしました。パソコンの詳しい方にwindows10のインストールディスクを作ってもらい、クリーンインストールして、やっとどうにか使えるようになりました。メーカーでは基本的にサポートしていないので、いろいろな使い勝手は復帰できていませんが、自分のデータはバックアップのおかげでどうにか回復でき、ほっとしています。

 それはさておき、クラフト市の準備です。今回は、時計をバックに、

Cb231

テーブルと椅子を中心に並べようと思っています。

Table_chair
浅い引き出しを二つつけた キハダのローテーブルと、片袖の肘掛けつきのゆったり椅子がメインです。

あと、座板のスツールを並べますが、いつも足の汚れ対策に気を使うので、今回、新しい試みをしてみました。

Stool_shoos_1

Stool_shoos_2
足の裏に薄板の下駄を履かせて展示しようと思います。両面テープだと粘着剤があとで汚くなるので、小ねじで軽く留めてみました。

あまり天気が悪いと、変更になるかもしれませんが、こんな感じで展示予定です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/01

梅雨の晴れ間

 梅雨本番で、鬱陶しい日々が続く中、今日は久しぶりの青空が期待できるというので、ここ数年恒例にしている硫黄岳の花見に行ってきました。

桜平から夏沢峠に向かう道は、渓流に沿った道ですが、地味ではあるけれど、様々な草木が花ひらいているのを見ながら登ります。

開いているようないないような花はズダヤクシュでしょう。Zudayakushu

昨年と同じ場所にイチヨウランが咲いていました。
Ichiyoran

夏沢峠から稜線に出ると、青空がいっぱいの眩しい世界です。今年は、ミヤマダイコンソウが一番目立ちます。Daikonso

期待していたイワウメは季節がもう遅いのか、わずかに幾つかの群落が見られる程度。
Umebachiso

山頂は、青空いっぱい360°の展望でした。珍しく人も少なく、静かで、のんびりです。

山頂からオーレン小屋に下る分岐の赤岩の頭に降りてくると、大分雲が出て来ました。
Akadake

バックは天狗岳。
Shakunage

名残を惜しんで山を降りました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »