« クラフトピクニック | トップページ | ウィンザーチェアー »

2017/11/01

電気チェーンソー(CS3601S)のブラシ交換

 リョービの電気チェーンソーが、使っているうちに電源が落ちたように止まってしまった。長いことお世話になっているので、モーターブラシの磨耗に違いないと思った。メーカーにお願いすれば簡単に直してくれるだろうと、購入したホームセンターからリョービに修理をお願いした。一週間ほどして、返答があり、モーターがダメなので万単位の費用がかかるという。新品を買えといわんばかり。結局、戻してもらって自分でいじることにした。

 とりあえず、以前に交換して取っておいたトリマーのブラシの寸法がちょうど良かったので、チェーンソーのブラシの先にセットしてみると、動作はバッチリ。やっぱり単なるブラシの磨耗だ。
 当面これで使用できたが、また磨耗した時にトラブルになるので、モーターブラシを購入し、交換することにした。

Cimg2216

 さて、もう一度分解して、ブラシ交換。
取っ手になっているカバーを外し、ブラシの入ったケースを下からちょっと突き上げて、引き抜き、

Cimg2214

ブラシを取り出す。

ブラシを配線と繋いでいるケーブル端子のカバーを切り裂き、ケーブル端子の奥からブラシのバネについている板金をドライバーの先で押してやると、ブラシを外すことができた。

Cimg2215

新しいブラシをケーブル端子に押し込んでセットし、ブラシケースに入れて戻してやって完了。

Cimg2213

モーターのブラシ交換を断るメーカーとは何なんだろうか?

|

« クラフトピクニック | トップページ | ウィンザーチェアー »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/65987278

この記事へのトラックバック一覧です: 電気チェーンソー(CS3601S)のブラシ交換:

« クラフトピクニック | トップページ | ウィンザーチェアー »