« 調理ヘラ(ターナー) | トップページ | 春は進む »

2018/04/01

花の季節の始まり

 冬の間無彩色の風景の中で、最初に春の訪れを告げるのが福寿草だけれど、雪の積もった脇に花開く2月後半はまだまだ寒気の厳しい時だ。

今日、アズマイチゲの花が何輪か花を開いた。

P1050037  
P1050034

アズマイチゲが咲くと、本格的な春の訪れだという気がする。林全体はまだ緑にはならないけれど、地面に目をやると色々な花が咲き始める。
アズマイチゲが最盛期になって、全体に緑が増してくると、ニリンソウ、スミレ、カキドオシ、ムラサキケマン、、、その前にダンコウバイやアブラチャンの黄色い花が林を彩ってくれるだろう。

 

アズマイチゲの脇に季節外れの福寿草が咲いていた。
かつてテレビドラマの撮影をした時に、スタッフが緑が欲しくて園芸種の福寿草を植えて、そのまま忘れていったものだ。増えもしないが、絶えもしなくて、まだこの季節に花をつける。 
P1050041

 
 

|

« 調理ヘラ(ターナー) | トップページ | 春は進む »

四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57195/66561189

この記事へのトラックバック一覧です: 花の季節の始まり:

« 調理ヘラ(ターナー) | トップページ | 春は進む »