カテゴリー「イベント」の79件の記事

2017/10/15

クラフトピクニック

14、15日と十数年ぶりに松本のクラフトピクニックに参加させてもらった。事前の天気予報ほどは天気は悪くなく、概ね曇りのイベントとなった。

Kutubera
今回は、銑(ドローナイフ)を使っての靴べらの製作体験。古樽材を予め靴べら状に外形加工をした材料を刃物で削ってもらう。作業台には、シェービングホースを2台用意して行った。

他のクラフトフェアーでも、この体験をやらせてもらっているが、多くて2~3名なので、のんびり過ごすつもりが、思いの外の人気で、二日目の材料を急遽作ってゆくことになった。

クラフトピクニックは、今年で17回目だそうだ。実演とワークショップ限定という趣旨で回数を重ねてきた歴史が、天気の悪さにも関わらずお客様をひきつけるのだろうか。靴べらづくりも、泊まりで遠方から来られた方が複数いらっしゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/30

時のカプセル

   辰野美術館で地元の石の彫刻家・中谷聡氏の作品展があり、ギャラリートークがあるというので、見学に行ってきた。
まず、館内の作品について話をし、その後、前庭の作品の話をしていただいた。
以下は、前庭で撮らせていただいた作品です。

Nakaya1

7トンの石を半割にして中をくり抜いて2つを合わせたという。
その作業の一瞬一瞬の時間を作品に封じ込めたのだという。
製作の様子などを伺うにつけ、ただ漫然と見ていてはわからない作品のもろもろが、話を伺うことで少しでも感じられたかなあと思う。

Nakaya2

こちらは、ドリルで溝を掘った後、矢を打ち込んで割り、中をくり抜いた作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/17

八ヶ岳クラフト市を終えて

 事前の天気予報では雨も心配されましたが、一時夕立があったものの、概ね天気に恵まれ、沢山のお客様に訪れていただき、とても良いイベントになりました。。

Ycraft1
深山工房は、木の時計と一輪挿し、机と椅子の展示販売です。ブースの位置は会場の端でしたが、樹の下で日陰になっていることが多く、比較的涼しさに恵まれたのも幸運でした。

向かいのブースでは、同じ原村のsoaraさんのウニの殻を使った照明を展示していました。独特の雰囲気が人気を博していました。

Ycraft2

出展者も全国から集まっていますが、お客さんも関東を初め遠方からお越しになった方々も多く、様々な話題で盛り上がった3日間でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

八ヶ岳クラフト市間近

 今週末に八ヶ岳自然文化園で開かれる八ヶ岳クラフト市に向けて、準備をはじめました。
展示品の幾つかを紹介します。

S_desk

ミニ机と試作中の椅子です。机には小さな釣り引き出しをつけました。
椅子は、色々な樹種を使った板で座を組んでいます。

S_step

ハイスツールに、収納出来るステップを付けて、踏み台にしています。


S_2017_1

サクラとエンジュの木が樹皮付きで綺麗に乾燥出来たので、掛け時計に仕立てました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/06

しばた匠まつり

 旅というと、何かと北の方に脚が向くのですが、今回は、柴田町の船岡城址公園での「匠まつり」に出店してきました。宮城県へは2011年秋の仙台以来です。
一週間前の天気予報では雨になる見通しだったのが、その心配がなくなって幸いでした。会場の船岡城址公園は桜の名所として有名らしく、緑の多い気持ちの良い場所です。
今回の匠まつりは、ゆったりとしたレイアウトで、のんびりものの私たちにはもってこいのイベントです。搬入搬出もゆとりを持って出来たし、最近ありがちな守りを固めるような過剰な注意事項もないし、、、
 青空のもとで雨の心配がなくなったのは良かったのですが、途中から風が強くなり、時々突風に見舞われ、展示の時計は落ちる、額は倒れる、しおりは載せた机ごと飛ばされるはで惨憺たる状況に。それでも、飛んでいったものをお客さんに拾ってもらったりで、店を続けることができました。テントを骨組みだけにして風をやり過ごした人も多くて、会場はちょっとおかしな光景に。

Tenji1

気象は厳しかったのですが、東北地方とは何となく相性が良く、お客さんとの会話も弾んで楽しい時間でした。

帰路は、のんびりと会津地方を周って帰宅。道々桐の木が花盛りで、会津の桐ダンスが大きな産業だというのが頷けました。

Kiri

早朝、人気のない工場でしたが、桐の板を晒しているところも訪ねてきました。雨に当ててアクを抜くようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/22

須坂は夏の陽気

 須坂「森の中のクラフトフェアー」は、二日とも晴天に恵まれ、賑わいです。

Scimg1705

 晴天はありがたいのですが、夏のような陽気で、まともに陽射しを受けるところは大変。我々の割り当てられた森の中のブースは、樹々が適度に陽射しを遮ってくれて、時々風も通り抜けてくれ、快適な環境でした。

Scimg1686

 靴べら製作体験も楽しんでいただいたようです。

Scimg1703

会場はいろいろな樹々の花の季節でした。ハナミズキ、アカシア、ウワミズザクラ、、、

Scimg1697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/17

森の中のクラフトフェアー

今週末は、須坂での森の中のクラフトフェアーに出かけます。ここ何年か木工体験を楽しんでいただいているので、今回も靴べら加工のワークショップを用意しています。

_s
新しく製作した削り馬を使って、銑などの刃物で削って作ります。写真奥の古樽材を削ります。手前の深山工房製作の靴べらがサンプル。1時間内で形にします。荒加工がしてあるので、刃物を使った経験があれば、楽しんで製作できるでしょう。

 展示品は、いつものように時計と一輪挿し、木の葉の栞などを並べます。

Dscn9159



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/07

高原の工房市2017春

 全体に気温が低く、最終日は途中雨に見舞われたものの、まずまずの天気のGWの3日間でした。会場の八ヶ岳農場はスタート時はオオヤマザクラが3分咲き程度だったのが、

 

Koboichi08
最終日は見事な開花状況になりました。

Koboichi07
クラフトの会場はといえば、、、

深山工房の廊下ブースは新調の展示台でスッキリ?纏まりました。

Koboichi01
工房あそびとの陶器
Koboichi02
アトリエverde の七宝
Koboichi03
工房きたむらの彫金アクセサリーとハンコ

Koboichi04
粘土屋きのとり の個性豊かな動物たち

Koboichi06
ATELIER SCRAMBLEの色と香りが魅力の石けん

Koboichi05
でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/01

高原の工房市

 ゴールデンウィークに入って、道路では県外ナンバーの車が多くなりました。深山工房は4日から八ヶ岳農場での高原の工房市に出店します。
今回は、いつものように時計や一輪挿しの新作を並べますが、

Kihada_s

古樽材を削って靴べらを作る体験をやってみる予定です。
昨冬新規制作の削り馬を使って銑(ドローナイフ)で削り出します。

Photo
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

茨城クラフトフェアー

 茨城でのイベントは、前日搬入のため金曜日に家を出た。原村では花は福寿草ぐらいで、まだまだ緑の少ない時期なので、季節を先取りできるだろうという期待で道を急いだ。白樺湖から佐久を経由して筑西市へ。

会場に向かう前に、ちょうどカタクリが見頃だという「みかも山公園」に寄る。平日にも関わらず、びっくりするほどの人の賑わいだ。中岳への散策コースは、長時間の車で硬くなった体をほぐすのにちょうど良い。

桜にはまだ早いと思っていたが、思いがけず駐車場脇には満開の桜を見ることが出来た。カワズザクラだそうだ。

Sakura
大勢の人達の目当ては、やはりカタクリの群落。山の斜面に一面に咲くカタクリは壮観だ。自分の写真の腕前では表現出来ないのが残念だけど。

Photo
 クラフトフェア初日は肌寒いものの、青空。
今回、コンパクトに収納できるように新しく作り直した展示台を持ってきたので、初めて設置、そこそこ具合よくて満足。靴べらを削る実演をしながら一日を過ごしたけれど、お客さんの反応はもう一つだ。

Booth

 2日目は、事前の天気予報でも崩れそうな気配だったが、予期していた以上に早く雨模様だ。もっとも、そんな天気にも関わらず、客足は良い。
クラフトフェアでは、お客様とのちょっとした会話が疲れを癒やしてくれる。自分の時計が、リフォームして新しくなった古民家の壁に飾られるであろう様子などを伺うと嬉しくなる。

 帰途、関東地方も山沿いで雪だというので心配していたけれど、帰ってきた原村では、畑にうっすらと雪が積もっていた程度。もっとも、家に戻ると、家の前は5cmほどの雪が残っていて、雪かきをしてからの荷物の片付けとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧