カテゴリー「生活」の47件の記事

2017/01/31

ネズミバトル

 相変わらず餌だけ取られる日々が続いたネズミとのゲームですが、油揚げをトラップのフックレバーにクリップで固定したところ、トラップが動作して御用となった。以後工房に侵入した気配はないので、ここを利用していたネズミは数匹の家族か仲間のようだ。

Trap1 市販のネズミ捕獲器。網目が大きくて、入ったネズミが隙間から出ていってしまった。網目を細かく改造。これに餌をしっかり取り付けることで、トラップが働いたようだ。この周りには、ネズミの糞が沢山転がっていたので、入る前は随分躊躇していたのかも。

Trap2 ネットの動画を参考に自作したトラップだが、強度不足で壊されたり、入っても出て行ったりで、結局一度も役に立たず。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/22

ネズミバトル

 このところ、工房を走り回るネズミと籠トラップでのゲームの毎日です。ずっと負け続けです。パンや油揚げの餌をぶら下げて、まんまと取られてしまったので、軟らかすぎるかと思い、餅に変えたのでした。一匹捉えたものの、その後はずっと餌を取られっぱなし。チーズや油揚げを硬いものに絡ませたり、手を替え品を替えているのだけれど、美味しいものだけ食べられてしまいます。
 昨日は、ペットボトルのトラップを新規製作して仕掛けてみました。ネズミは入ったものの、最近のペットボトルは極薄にできていて、壊されて逃走されてしまいました。補強してもう一度トライです。

 大寒に入って寒さもピークですが、「冬来りなば春遠からじ」というように、日差しが日一日と強くなっていくのが感じられます。春に向けて、新しく時計と一輪挿しを作って、写真撮影をしました。一つこんな具合です。

P1030863


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

明けましておめでとうございます

 穏やかな年の初めの一日でした。
 良い天気に誘われて、少し歩こうと、近くの入笠山に登ってきました。 沢入の登り口に車を置いて、ところどころ雪の残る道を入笠湿原に向かいます。谷風が冷たいものの、湿原まで行くと、日差しが暖かく感じられます。多くはないものの、ゴンドラから来た人が犬を連れたりして行き交います。
 山頂へは林道から夏のお花畑を通って、30分ほど。さすがに山頂は風が冷たかったですが、八ヶ岳から北アルプス、中央アルプスから御嶽山、南アルプスの山々と360度の展望です。 元日の富士山も秀麗な姿を見せてくれていました。

Nyugasa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/28

天窓雨漏り

  台風や秋雨前線のおかげで、このところ雨続き。そろそろ秋晴れの日が続いてほしいものです。

ところで、しばらく前から、雨が激しくなると天窓部分から雨漏りをするようになってしまいました。
開閉タイプなので、しっかり閉まっていなかったので、てっきりそのせいだと閉め直しました。建築から20年近く経つので、枠が歪んだせいか、四苦八苦です。ジャッキまで使って、どうにか閉めることができました。

 これで一安心と思いきや、次の雨でやはり同じように雨漏り、大降りだったので前よりひどいぐらいです。まだ、天窓の合わせがだめなのかと思い、屋根に登り、全面にビニールシートを被せ、ゴムで固定してみました。

Tenmado

 これで当面大丈夫だろうと思っていたら、先日の土砂降りで、またもや雨漏り。今度は大丈夫だろうと思った対策だけにガックリです。土砂降りの割には前よりマシな気もしますが。

 もう一度原因から追求をと、天窓下の雨漏りする場所の壁板をはがすと、一番高いところから水が流れていました。天窓の下が一番濡れていたので、窓の合わせから入ると思っていたのですが、違っていたようです。おまけに周りはカビだらけです。とりあえず、アルコール系のカビ対策剤で処理です。

 再度雨漏り対策で屋根に登りたかったのですが、雨の日が続いて、なかなか屋根が乾かず、悩ましい日々が続きました。昨日、久しぶりの晴れ間に屋根に登りました。天窓と屋根材(鉄板)の合せ目には、コーキングがしてあるのですが、見た目の異常は感じられません。もっとも、ピンホールのような穴でも水が入り込むようなので、どうでしょうか。他に考えられるのは、天窓の枠の壁が障壁になって、その上部で溜まった水が屋根材の噛み合わせを超えて滲み込むとか。。。
一番可能性のあるのは、やはりコーキング部分なので、コーナー部分を中心にシリコンのコーキング材をたっぷりと塗り増してやりました。構造上、天窓の枠が立ち上がるコーナー部分は、屋根材だけでの雨仕舞いが出来ないはずなので、きっとこの部分だろうと推察されるからです。

また、今日も雨が続いています。いまのところ雨の染み込みは確認されませんが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/28

トマト

畑のトマトが沢山熟してきたので、冷凍保存用に煮ることにする。こうした作業にはおがくずストーブが大活躍だ。

湯を沸かし、熱湯に入れて、まず皮を剥く。

Dscn9979
19個の大玉トマトを細かくして、鉄鍋をおがくずストーブにかける。
Dscn9983
量が半分ほどになるまで煮詰めた。
Dscn9984
冷えたら、小分けにしてビニール袋に入れて冷凍。先日同じように冷凍した分に加えて、これからの食卓で使っていきたい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/05

春の風

 諏訪地域最大のお祭り御柱祭の山出しが終わった。風による土煙や多少の雨はあったものの、楽しいイベントでした。
我が原村は、茅野の泉野などと一緒に、本宮四の柱が担当です。

2日、八ヶ岳農場付近から原村と茅野の間の御柱街道は、八ヶ岳をバックに絵に描いたようです。この後、強い南風による土埃にしばしうずくまるひと時が...
Onbasira1

4日朝、雨もやんで、本四の御柱が木落し坂に出て来ました。
Onbasira2

山出しのフィナーレ川越し。水量も少なくて順調でした。
Onbasira3

今日は、日常の世界。
工房の周りでは、祭りの間にすっかり花を開いたアズマイチゲです。
Ichige1
Ichige2

春先は、こまごまとやるべきことがいっぱい。今日は、籾殻くん炭作り。今回は、量が多かったせいか、丸一日かかって全体が炭になった。 Kuntan



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/18

暖冬の雪

 覚悟していたことではあるけれど、急速に発達した低気圧のせいで、昨夜から雪。
朝、目を覚ますと、周りは昨日までと打って変わって一面の銀世界。この冬は今まで雪が無くて過ごしやすかったが、いよいよ雪に囲まれる季節になったということだ。

Snow

 昼まで降り続いた雪は、吹き溜まりもあって、家の前の道は積雪40cmほどだ。用意しておいたスコップとママさんダンプで雪をスロープ状に積み上げながら雪かきをする。

雪を積み上げる際に、ダンプからおろした雪を踏み固めながら積み上げるのだけれど、踏み固めるのに、昨年原村の村民の森で作ったクマヤナギのカンジキが活躍した。坪足では面積が小さくて効率が悪く、靴が埋もれてしまっていたのが、丁度気持ち良く踏みかためられる大きさなのだ。履き方を確かめながら履いてみた甲斐があったというものだ。

Damp

やはり暖冬、今日の雪は重かった。しばらく作業をするとママさんダンプに雪がくっついて、しんどい。雪を叩き落としながら雪を掻き続けたが、いかにも疲れる。思いついて、雪を拭き落として、ママさんダンプの表面にシリコンスプレーを吹き付けてみた。これが効果抜群、すくった雪がスルッと落ちてくれる。そんなこんなで、夕方までに母屋の玄関から工房まで辿り着いた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/01

あけましておめでとうございます

 窓を明けると、辺りの林は薄っすらと白い雪が覆っていました。そのうち青空が覗き、日本晴のお正月です。
今日の天気のように、今年一年晴れやかな世の中にしたいものです。世界のいたるところで行われている人の尊厳を踏みにじるような世のありようが、少しでも良くなるように。


Dscn9653
 今年もよろしくお付き合いのほどお願い致します。

Dscn9647


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/31

大晦日

 今年も一年が終わろうとしています。あいも変わらず今年も沢山の方にお世話になり、大きなトラブルもなく歳を越せそうです。感謝です。
 思えば、昨年末は給湯器が故障し、急遽設備屋さんに見てもらい、バタバタした年末年始でした。住まいもそろそろ20年経ち、あちこちガタがきているようです。
自作の浴槽も漆を塗った内側はしっかりしていたものの、隠れて通風の良くないところが腐ってきたので、水漏れしないうちにと、新規製作していたのが、やっと出来上がりました。どうにか今日年内に設置することが出来ました。

今回はちょっと小さめにして、空気の流れを良くすべく、壁との間に隙間をあけるようにしました。自分がここで生活している間は、もう作りなおす必要はないでしょう。

Bath


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/11

美しい日本?

 3.11 東日本大震災から4年、当時、原発が手に負えなくて日本が壊滅するのではないかとまじに感じられたことが思い起こされる。この間、福島の原発事故の反省はうやむやに、原発輸出や再稼働が進められて来た。あらゆる主な政策が、その前の政権交代に託した国民の希望とは真逆の状況になってしまった。沖縄の基地は県民の意思を無視して以前にも増して強権的に進められているし、国際的な政情不安に乗るように、軍需産業に梃入れし、武器輸出も強い国家と経済のために進められてるし、国連の合意無くして行われるアメリカ主導の軍事行為に無批判に従うだろう集団的自衛権に邁進し、国の法律を超えると言われる国際条約であるTPPを、国民に詳細な内容を知らさずに進めようとしている。また、誰の為か分からない、しかも原発一基分以上の電力を必要とすると言われ、環境破壊を指摘されているリニア新幹線のゴーサインも出しているし。
 これらの政策が、まともな議論のもとに、国民多数の合意のもとに行うというのならまだしも、みえみえの嘘とごまかしの中で強行されているのは何ともはや。昨日のニュースによれば、どの政策をとっても世論は反対の意見が過半数を占めている。そんな状況を無視するかのように、あらゆる政策が進められている。これが美しい日本の姿だと、誰がいえるだろうか。そんな言葉を、はずかしげも無く使えるノーテンキさにあきれる。そういえば、最近、この言葉がトンと聞こえないけど。
不思議なことに、それでいて内閣支持率がさほど下がっていないのが不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧